ハンモックで運動

バランスアンティグラビティフィットネスは、見た目からも楽しそうなトレーニングなので世界各国で楽しまれています。もともとはニューヨークからスタートした比較的に新しいトレーニング方法で、クリストファー・ハリソンさんが考案したトレーニングです。クリストファー・ハリソンさんは、ブロードウェイなどでダンスをしていた方で体操選手としても世界大会で4位になった経歴もあります。ハリソンさんが考案したアンティグラビティフィットネスは、天井からぶら下げた布を使ったトレーニングで、ヨガやパフォーマンスといった要素も入っています

アクロバティックなエクササイズですが、アンティグラビティフィットネスは安全面も考慮されたプログラムにもなっています。使用する布は450キロにも耐えられる設計になっており、安全面はアンティグラビティフィットネスの基本理念でも大切な要素になっています。体幹を鍛えることができたり、ヨガ的な要素もありますのでバランスをとることで精神的な部分へのアプローチもあったりします。心と体のバランスを整えるプログラムになっているので、背骨を調整でき、骨盤調整や血液改善、ホルモンバランスへの効果も期待できます。さまざまなメリットがありますが、なによりも見た目が楽しそうなので、まずは気軽にチャレンジしてみるのも良いです。

楽しく続けるには?

ヨガさまざまあるトレーニングがある中でどれを選べばよいかは悩んでしまいます。格闘系であればボクササイズなどがありますし、ランニングマシンを使ったりエアロバイクを使って運動したりする方法もあります。ヨガにチャレンジしてみたり水泳をして体を動かしたりする方法もあります。継続して続けることができるかは選ぶうえでポイントになってきます。あまり最初からガツガツやってしまうとケガをしてしまう可能性もありますし、少しずつ体を動かしていって楽しく続けることが大切です。

やって楽しいというのは続けるうえで大切になります。つらいトレーニングだと行くのが辛くなりますし、トレーニングに使ってしまった料金も勿体なくなってしまいます。気の知れた友人と一緒にスタートしてみるのも継続して続けるには効果がありますし、何よりもトレーニング自体が楽しいと感じることができるプログラムであることが大切です。楽しさをプログラムのなかのポイントにしているトレーニングだとアンティグラビティフィットネスがあります。アンティグラビティフィットネスは、ぶら下げた布を使ったトレーニングで見た目にも空中浮遊をしているような感じで遊び心があります。子どものころに遊んでいたような動きが、そのままフィットネスになっているのがアンティグラビティフィットネスです。

ハンモックで運動

フィットネスクラブを選ぶ

学生の頃は部活動などで体を動かす機会がありましたが、社会人になると体を動かす機会が少なくなるので積極的に動かさないと体力不足になってしまいます。ランニングをしたりと自分だけで実践するのも良いですが、なかなか継続して運動をするのが難しかったり、諦めてしまったりすることが多いです。自分だけでは運動を継続して続けることができないので、フィットネスクラブに通うことで強制的に運動をする状態にする方もいらっしゃいます。フィットネスクラブやジムは道を歩いていてもいろんな場所に目にすることがあります。さまざまな種類のジムやフィットネスクラブがありますので、どれを選べばよいか悩むこともあります。

指導者フィットネスクラブに通うのであれば継続して続けたいですし、自分に合った場所に選びたいです。フィットネスクラブにはさまざまな種類があり、市や区などの公共機関が運営している場所であれば手頃な値段で利用できるメリットはあります。公共機関のジムは料金は魅力的ですが、指導してくれる方がいないといった面もあります。初めてトレーニングをする場合は正しい体の動かし方を知っていないので、自分自身でトレーニングの仕方を考えないといけません。

パーソナルジムと呼ばれるようなタイプだと体の動かし方や食事管理もしてくれるタイプもあります。しっかりと指導してくれるのでダイエットなどには効果的です。公共機関でトレーニングするよりもパーソナルジムは料金は高くなってしまいますが、指導者がついてくれるメリットはあります。

楽しく続けるには?